フルボ酸で健康に自信を持ちたい方への手助けとなれば幸いです。

ミネラルアイの商品

ミネラルアイは副作用はあるの?

ミネラルアイは副作用はあるの?

私たちの身体は、口にいれたもので出来上がっています。ですので、先天性の場合を除いて基本的には毎日、1食1食何を食べてきたかの結果が今のご自身の身体です。今日食べたものが未来の自分の身体を作り上げていると考えてみてください。

 

人間の身体は本来は丈夫にできていますので、ちょっとやそっとのことではすぐに病気にはならないようにできています。もし、今の身体に不調を感じているのでしたらそれは長い間積み重ねてきた不摂生の結果なのかもしれません。

 

結果には必ず結果がありますから、毎日カップラーメンや炭酸飲料、スナック菓子ばかりを食べていたとしたら、暴飲暴食を繰り返して、アルコールやタバコをたくさん吸っていたとしたら、当然、その結果が今の身体に現れてきます。

 

さて、前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。ミネラルアイには副作用はあるの?という事ですが、それを理解するにはまずは副作用とは何か?を理解する必要があります。よく副作用と聞きますが、副作用とはお医者さんに処方された医薬品を使った場合においてだけ使われる表現です。

 

そして、医薬品を使用した場合においてどんな副作用が出るのか、その症状までも分かっているものもありますし、薬によっては他の薬との飲み合わせによって副作用が起こるので、同時飲用は避けなければならないものまで、きちんと分かっています。特に副作用が強いと分かっている薬はハイリスク薬と呼ばれています。

 

医薬品は病気を治療してくれるものにはかわりませんが、それと引き換えに時に、強い副作用という代償が伴います。多くの患者さんがこの副作用がきつくて薬が飲めないと困っている方も大勢います。また医薬品には妊婦や授乳婦、高齢者や子供が飲むことを禁止している薬もありますし、療法、用量もきちんと定められているのが医薬品の特徴なのです。

 

そして、このことをご理解すればミネラルアイは医薬品ではありませんので、副作用はあるの?という質問自体が適切でないことがお分かりになると思います。もし、どうしても回答をしなければならないとしたら、ミネラルアイには副作用はありませんと答えるのが正しいと思います。

 

それでは医薬品以外の商品はどのような区分になるかと言いますと、厚生省の規格基準においては口に入るものは「薬」か「食品」のどちらかと定められており、薬以外のものは、大雑把に「食品」という扱いになります。

 

これらは、「健康補助食品」、「健康食品」、「健康志向食品」とよばれ、粉末や錠剤やカプセルなど医薬品に似た形態のものを「サプリメント」と呼んでいます。身体が元気になるのは食べ物の力ですので、食品を食べて身体を元気にするというのは人間にとって基本的なことで当たり前といえば当たり前なのです。

 

あとは、どんな食べ物を口にいれるかで、ご自身の健康状態は変わってくると思いますのでご自身の健康ときちんと向き合って、将来の健康状態、今自分にとってどんな栄養素が必要なのかと真剣に考える機会にしていただけたらと思います。

ミネラル不足をあきらめない、植物性ミネラル配合のミネラルアイ

ミネラルアイ

野菜のミネラル不足が深刻な今、私たちにできることはたったの2つ。農薬や化学肥料を使わない安心安全で栄養価の高い野菜を自分で育てる事がひとつ、それともうひとつは野菜以外のものからミネラルを補うという方法です。野菜を自分で育てるというのは現実的ではありませんし、野菜を今までの倍以上食べるというのも現実的ではありませんね。

 

そこで、別の方法で体内にミネラルを補給するという事になります。このミネラルアイは、植物性のミネラル(古代植物堆積層ミネラル)を配合したドリンクです。さらに、こちらのミネラルアイにはフルボ酸も配合されており、私たちに必要な70種類以上のミネラルがしっかりと含まれているものです。

 

ミネラルアイはドリンクタイプ、サプリタイプ、プロフィルなど他の商品はドラックストアやスーパー、店舗には残念ながら置いてありません。ですので誰もが気軽に変えるという商品ではありません。現会員の紹介がないと購入できない特別な商品ですので、ご質問やご興味がある方はお問い合わせください→フルボ酸の商品についての問い合わせ